読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れ犬連れ海外生活@ベトナムホーチミン

2016年10月から夫がベトナムホーチミンに駐在になりました。ゴールデンウィーク明けに家族も引越しの予定でしたが、全く話が進まず延期になっています。子連れ、犬連れのホーチミン生活の準備や、日々の生活を記録していきたいと思います。

夫の尻を叩く

こんばんは。

ムウコです。

 

現在、日本で母(ムウコ/アラサー)息子(ムウノスケ/1歳8ヶ月イヤイヤ期真っ最中)犬(コジ/トイプードル3歳♂)の2人+1ワンで生活をしている、ムウコです。

 

3月中旬に、一向に引越しの話が進まない(というか話題にも出ない)ことに苛立ち、夫を問いただすと「会社で全く話が進んでいないどころか出てすらいない」という事実が発覚。

しかも「ゴールデンウィーク明けはまず無理で、早くて9月、うーん10月かな、それくらいになりそう」と。

こちらは、犬の出国&帰国準備も出来る限りの事は整え、私と息子の予防接種もほぼほぼ済ませ、ワンオペ育児もあと少しの辛抱だ!と思っていた矢先のこと。

まだこの生活折り返し地点にも立っていないってわけ?

かなり、かーなーりーショックでした。

 

そして、もっと早くに言えよ、と思ったのでした。

 

いや、本当に私が問いたださなかったらどうなっていたんだろうか?

 

そして実は今月初め、一週間ほどホーチミンへ下見(というか、ただ夫に会いに行っただけのような…)に行ってきました。

 

パパと2ヶ月ぶりの再会を果たした我が息子。

パパがタバコを吸いに部屋を出るだけで号泣、遊ぶときもパパ!パパ!!、パパがやることはなんでもすぐに真似をして、外を歩くときはパパママと手をつないでとても嬉しそうな息子。

 

そんな息子がタクシーの中でママの抱っこで寝ているのを見て夫がボソッと

「こんなに小さいうちに家族離れ離れって、ムウノスケもかわいそうかもなぁ」

 

ここぞとばかりに畳み掛けるムウコ。

「かわいそうでしょ!何を今更!休みの日はパパばっかりの公園(大げさじゃなく、うちの近所の公園はどこも土日はパパばっかりなんです)で、ムウノスケなりに何かを感じ取ってる風だし、いつも一緒に遊んでいる友達がパパと2人でお散歩してるところとすれ違うと微妙な顔をして家に帰ってから甘えがすごくなるし、時々そういう光景を見てパパ…って呟いてるんだよ!!早く一緒に暮らしたいって言ってるのも、そういうムウノスケを見るのが辛いしかわいそうだからなんだよ!それに今、1歳から2歳になるこの時期ってものすごく大切なのに!大人のモノマネして色々覚えていく大切な時期に身近な大人が私一人ってかわいそうでしょ!3歳までの親との関わり方が将来の人格形成に大きな影響を与えるとかって見たし(本当にたまたま何かで目にした)!私が寂しいってだけじゃなくて、ムウノスケのためにも早く引っ越したいって言ってんの!仕事の都合とかもあるのかもしれないけど、色々なことを犠牲にしてるってことももう少しよく考えて!!」

 

と。

いや、こんなにガンガン言ってないです。

実際は、言いながらも涙が出ちゃって、途切れ途切れ、ポツポツと言いましたです。はい。

 

夫もやっと何かを感じ取ってくれたようで。

早めに呼び寄せられないか掛け合ってみる、と。てか今までどう思ってたんだろう。

なんだか、仕事はできるらしいけど、こういう家族のこととかを想像するのが下手くそ、というかできないんだよなぁ。経験しないとまるっきしわからないタイプ。男性ってこういう人多いのかな?

 

前振りが長くなりましたが、そんなやり取りがあって、私たちだけ日本に帰国して一週間以上が経ちました。

が、なんの進展もなし。

絶対会社にも掛け合ってない。

でも、ちょうど先週で駐在になって半年が経ち、会社の規定である半年間の家族の滞留期間が免除になったところ。

このタイミングを逃したら、また言い出しにくくなるだろうと思い、今日のFaceTimeで夫に言いました。

 

駐在が決まってすぐに会社から渡された海外赴任ガイドをさり気なく映し、

「ほら、さっきこんなの見つけて見てたんだー。そういえば引越しの話切り出せた?」

と。

 

もちろん答えは

「まだ」

 

ええ。わかっていましたとも。

わかってはいたけど、何だか悲しいなあ。

家族のこと、あまりにも蔑ろにしすぎじゃないかな?

なーんて思いかけたそのとき

 

「話してみるよ。なかなかタイミングが難しいけど」

 

ですって!!聞きました!?

いやはや、本当に頼むよ!!!

本っ当に頼むよ!!!

一歳児と犬と暮らしながら1人で引越し準備しなきゃならないのは私なんだから!!来月引っ越せるよー!!とか言われて(夫なら言い兼ねない)できるもんでもないんだからね!!

 

さてさて。いつ話が進むのでしょうか。

夫はきちんと聞いてくると言ってくれたので、それを信じて少し待ってみましょうか。

 

また進展があったらブログで報告させていただきます。

 

では!