子連れ犬連れ海外生活@ベトナムホーチミン

2016年10月から主人がベトナムホーチミンに駐在になりました。9ヶ月の単身赴任期を経て、2017年7月より私と息子(1歳11ヶ月)とワンコも帯同し、ホーチミン生活を開始しました。

ホーチミンでペット可物件

こんにちは。

ホーチミン生活7日目です。

 

今日で一週間になります。厳密に言えば、日本時間で夕方発深夜着だったので、7日目と言ってもほぼ6日ですけどね。

 

さてさて、今回は少し遡って物件探しの話を書きたいと思います。

 

我が家は現在1歳11ヶ月の息子とワンコを連れての帯同です。

ですので、ペット可物件を探さねばなりませんでした。

 

ホーチミンでは、日本ほど厳密にアパートメントで規則があるわけでもなく、また運用されているわけでもないらしく、いくつかの不動産屋さんに物件紹介をお願いしましたが、「アパートメントのポリシー上はペット不可だけど、オーナーがオッケー出してるからオッケーです」みたいなところもありました。

 

じつはそこが私の中で一番の有力候補のアパートメントだったのですが、会社借り上げになるため、ポリシー上NGと言われてしまうと難しいのです。

またそこは私は気にならなかったのですが、他にも理由があり主人的はNGということで却下になりました。

 

我が家の家探しは、ペット可以外にも条件があり、かなり限定された地域で探さねばなりませんでしたが、なんとかかんとか決まりました。

 

1区、3区、ビンタン区の中でもまた限られた区域で紹介してもらったアパートメントは7件ありました。

予算オーバーだったり、他の条件的に借りられなかったりのアパートメントも数件ありました。

2区はペットに寛大だそうなので、もっと探しやすいかもしれません。

 

ポリシー上NG(トラブルがあった時に自己責任ですよ、という感じ)とか、特に規則はない、とかいう建物が多く、オーナーの許可さえおりれば飼えるようです。

しかし、それは逆にオーナーの気分次第で急に飼えなくなったりすることもあるということで。。。

 

ただ、急に追い出されることはそうあるものでもないそうですが、特別珍しいことではないみたいなので、そこまで気にしないでいいような気もします。

 

ペット以外の条件さえ厳しくなければ、ペット可物件はたくさん出していただけるのではないかなと思います。

 

そして犬を連れて来るとおそらく必ずお世話になるであろう動物病院。

何件かあるようですが、7区の佐々木アニマルクリニックが有名です。

日本への帰国(輸入)の準備等も手伝ってくださるようです。

 

まだ行っていないのですが、我が家も今後こちらにお世話になるつもりです。

同じビルにトリミングサロンもあるそうで、次回のトリミングはそちらにお願いしようと思っています。

 

どんなカットになるのか、今からドキドキです。

ケセラさんのベーグル

こんにちは。

ホーチミン生活6日目の夜です。

 

今日のお昼は、レタントンにあるケセラさんでベーグルを買ってきました。

レタントンのファミリーマートにあるのと同じですが、ケセラさんの方が少しお安く購入できます。

 

 場所はレタントンのサブウェイの、入り口に向かって右の細い道を中に入り突き当たりを右に曲がったところ。

左手にKeseraの看板が見えます。

 

中に入ると「いらっしゃいませ〜〜」の掛け声。

日本語でいけるか!?と思いきや、今日の店員さんは日本語NGでした。

が、ジェスチャーで通じます。

 

挙動不審になりながら「テイクアウェイ」と言ったら、「フード?」と聞かれ「イエス!イエス!」

 

メニューを手渡され、ランチのページを開いてくれました。

 

が、あれ?ベーグルが見当たらない。

 

「あー、えっとー、ベーグル!アイウォントゥーベーグル…」と言うと、階段の方を指さされ、見るとそこにはカゴに積まれたベーグルが。

 

あ、私ベトナム語はもちろんですけど、英語もてんでダメです。

ちょっと喋れるけど謙遜、じゃなく、ほんっっっとにダメです。

 

 

ベーグルはどれも個包装で、今日はプレーンとシナモンレーズンのみでした。

メニューには、バジルやらチョコクリームチーズやら、美味しそうなのも載っていましたが、「まだ」と言われました。

まだ出来ていないのか、今日1日ないのかはわかりません。

 

あとはベーグルのラスク?のようなものと色んな芋のチップス?らしきものもあったので一緒に購入。

ベーグル一個とラスク、チップス一袋ずつで79200ドンでした。400円弱ですかね。

 

ちょうどぴったりのお金がなくて、10万ドン出したところ21000ドンのお釣りがきました。

百の桁はあまり気にしないのかな。

 

KESERA
住所:26/1 Le Thanh Ton St., Dist. 1
電話:(08) 3827 0443
営業:(月~土曜)8:00~23:00(L.O.22:30)、(日曜)8:00~18:00 (L.O.17:30)

晴レ屋さんのお弁当&食材

こんにちは。

本日3回目の更新です。

 

毎日色々ありすぎて、書きたいことがたくさんです。笑

 

 

本日のお昼ご飯は、レタントンにある晴レ屋さんでお弁当を買ってみました。

お弁当はおかずを二品選ぶスタイル。

唐揚げ、トンカツ、餃子、シュウマイ、焼きサバ、アジフライ、あと他にもあったような、、、

私は焼きサバとシュウマイをチョイス。

 

f:id:musashimaru1205:20170720205720j:image

 

結果から言うと、とっても美味しかったです!!

店主の方?は日本人の方なので、まだ来たばかりの方も安心して入れるし注文できると思います。

お店はスカイガーデンの横の建物、一階に入っています。

お店に入るとそのまま一階でお弁当や食材の注文です。

デリバリーもやっているようです。

 

せっかく来たので、食材もいくつか購入させていただきました。

 

おこさまさつま揚げ

茹でダコ(刺身用)

とりもも(骨なし)

 

これらとお弁当で合わせて22万ドン。約1100円ほど。

ホーチミンの物価からしたらお高めなのかもしれませんが、このお値段で安心して食べられる食材が購入でき、お弁当は美味しいし、で文句なしです。

焼きサバ、とっても美味しかった😍

 

ホーチミンで手に入りやすい物

こんにちは。

ホーチミン生活5日目です。

 

今回は、この5日で見かけた物(手に入りやすい物)を書きたいと思います。

 

まず、菜箸や箸、磁石やシールで壁につけるフックはレタントンのファミリーマートにありました。Seriaの文字がついたもの(つまり日本では108円)ですが、4〜4.5万ドン(200円ちょい)で買えます。

私はお箸5膳セットを買いました。

船便にお箸も入れたのですが、主人がこちらで使っていたもの(こちらで購入)がシナモン臭くて…船便到着まで待てず。

 

子供のおもちゃもコマやシャボン玉、風船なんかも売っています。

 

シャンプーやボディーソープ、洗剤類も日本で売っているのと同じ物がありますが、これは高いです。

それと、高いと言えば味噌や揖保乃糸

日本で300円しないで買えるものが1200円ちょっとしたりします。

 

この5日で思ったこと。

基本的になんでも揃っちゃいます。お金さえ出せば。

ちょっと前まではお魚やお肉を調達するのに苦労したみたいですが、今はデリバリーのお店や輸入食材店、お肉はファミリーマートでも薄切りのものが手に入ります。

食材、洗剤類は日本のものは高いです。4〜5倍するものもあります。

そして意外と百均のものがそのまま売られていたりします。こちらも割高ですが、元が元なのでそこまで気にせず買える値段ではないかなと思います。

 

おしりふきも、日本製のグーンがありましたが、ペンギン?あひる?のケース付きで一つ750円前後。高い。。。

ベトナム製は香料が強いものが多いそうですが、bobbyというおしりふきが、ムーニーと同じだそうで、こちらは無香料です。お値段はひとパック200円前後。

 

離乳食も種類は多くありませんが、レタントンの日本食材店に売っているのを見ました。やはりお高めですけど(^^;)

 

赤ちゃん用品は持ってこられた方が確実だし無難かもしれないです。

 

 

個人的には、郷に入れば郷に従えで、なるべくローカルなものも取り入れて生活していきたいと思っています。

が、小さい子供がいるとなかなかそうも言っていられないのが現状だったり。

 

 

これからこちらにこられる方で、何か知りたいことがありましたら、おっしゃっていただければ記事にしたいと思います。

 

 

最後に、私が探しているものが一つ。

耳かきです!!!

 

イオンモールに行けばあるのかもしれませんが、先日買い忘れ。。。

子連れで行くには少し遠いので、できれば1区で手に入ればと探していますが見つかりません。

どなたか売っている場所をご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えていただきたいです!!

よろしくお願いします(^^;) 

 

急ぎで持ってきて良かったもの

こんにちは。

ホーチミン生活5日目です。

 

土曜日の夜到着してからこの5日で、手持ちと航空便にして良かったものを綴りたいと思います。

 

読みにくいと思いますが、思いついたままにザザッと。

 

手持ちで持ってきたもの

☆預け手荷物

私と子供の衣類、子供の靴2+サンダル1、子供のお菓子、家で余った食材、日焼け止め、普段使いの化粧品類、化粧品類ストック、お気に入りパペット2、絵本数冊、ワンコご飯一週間分、ウェットなワンコご飯5、ワンコおやつ、ワンコ用敷物、ワンコ用オムツ、トイレシート、レトルトおかず、梅干し、佃煮系、塩、みりん、料理酒、ご飯鍋、ザル、ボウル、使い慣れたキッチン用品、お茶碗、お椀、子供用食器、サランラップ、子供用ヘルメット(船便入れ忘れ)、手拭き用ウェットティッシュ、子供用ボディソープ

 

☆機内持ち込み

DVDプレイヤー、子供用ヘッドホン、DVD、ノートパソコン、無くしたら困る書類、機内暇つぶし用おもちゃ(トミカ系、Nゲージ新幹線、ミニ絵本5冊、クレヨン、ノート、塗り絵、お気に入りパペット1、)、子供用お菓子

 

あって良かったもの

①当面の自分と子供の服

②ベビーフード、子供用お菓子

③子供のおもちゃ、絵本

④使い慣れた鍋、ご飯鍋、使い慣れた調理用カトラリー、ザル、ボウル

⑤茶碗、お椀、子供用食器、箸、子供用カトラリー

⑥食材(基本調味料、チンするご飯、乾麺、ツナ缶、ポン酢)

⑦セーフティグッズ(コーナークッション、ドアストッパー、コンセントキャップ、扉のチャイルドロック、キッチンの通せんぼゲート、ベランダネット)

⑧子供用イス

⑨DVD

⑩ガーゼケット

 

我が家は4月の下見の際、半月分ほどのオムツとおしりふき、アルミパウチとお弁当タイプのベビーフード、チンするご飯、私と子供の水着、薬類一式を置いて行ったのですが、かさばるオムツ類とベビーフード、チンするご飯は下見の際に置いてきておいて良かったです。

オムツは、船便航空便で持ち込める量に制限があります。我が家はそれぞれ二箱(6パック)が限度と言われました。業者さんや時期で変わるようです。

 

それとオムツは他の方もよくブログで書かれている通り、こちらで海外版のパンパース等が買えます。

うちの息子は今までオムツかぶれをしたことがなく、こちらで買ったパンパースも試してみましたがかぶれませんでした。

日本のものより、ちょっとごわついた感じ(紙感が強い感じ)です。

 

息子は来月2歳なので、普段はベビーフードはもう食べていないのですが、毎食全て手作りは私には厳しく。ベビーフードをおかずの一品として出したりしていますが重宝しています。

 

それとチンするご飯。

めっちゃ便利です。これはあって良かったというか、うちはないと困るレベルです。

ご飯鍋も持ってきましたが、荷解きで忙しかったり、息子も不安定でずっと離れず相手をしていなければならなかったりでお米を研いでご飯を炊くのがめんどくさかったりします。

そんなときはチンご飯です。

それとうどん。

ただ、うどんはこちらでも手に入りやすいです。イオンモールなら乾麺500gが300円ほどで買えます。日本とそんなに変わらないかな?

生麺はファミリーマートでひと玉150円弱でありました。

私はまだ見ていませんが、冷凍うどんもあるそうです。イオンモールで5玉で400円ほどだそうです。

 

ザルとボウル。これは主人情報で、ザルが手に入りにくいとのこと。

イオンモールにありました。が、種類はないし、イオンモールは中心街から遠いので、持ってこれたら持ってきた方が良いかもしれないです。

 

それとナイフやピーラー。

我が家はサービスアパートメントなので、基本的なキッチン用品は揃っているのですが、ナイフ類は非常に使いにくいです。なんか、切れない。。。

お皿は、小皿系、茶碗、お椀はありません。

お茶用のコップも小さめのティーカップしかないので、大きめのマグがあるといいかも。

 

 ガーゼケットは、うちは持ってきて良かったです。子供用ガーゼケットは機内で授乳したりちょっと肌寒い時に役立ちました。

大人サイズも数枚持ってきたのですが、寝相の悪い息子はイオンモールでマットレスを購入し、それを敷いて床で寝ています。

で、マットレスにガーゼケットを敷いてシーツがわりにしたり、通常の使い方として掛け布団のように使ったりとにかく便利です。

 

セーフティグッズは、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭では必須ではないでしょうか。

我が家はローテーブルやテレビ台の角に貼りました。とは言っても、家具は全てアパートメントの備品なので、一応アパートメントに許可を取ってから貼っています。

キッチンの通せんぼゲートは我が家では必須ですので、あらかじめサイズを測って持参しました。

 

そしてDVDとおもちゃ絵本。

これは持てるだけ持ってくると、親が楽です。

外で気軽に遊べる場所がないし、最初はほぼ部屋に引きこもることになるかと思います。

その時に何もないと、、、厳しい!!

 

幼稚園とか小学校とか通う歳の子はいらないかもしれませんが、未就園児はあると良いと思います。

 

 長くなりましたので一旦切ります。

 

次はこちらで手に入りやすい物を書きたいと思います。

 

 

航空便到着

こんにちは。

 

ホーチミン生活、2日目です。

 

今朝、先々週の金曜日に発送した航空便が到着しました。

土日を二回挟んでもぴったり10日です。早い!!

 

今回、N通さんにお願いしましたが、梱包も早けりゃ持って来る時間も約束の時間ぴったりだし仕事が早い!!

そして日本語ができるスタッフと荷物を運ぶスタッフの2人で来てくださったので、ベトナム語どころか英語もままならない私でも問題ありませんでした。

 

とりあえず、航空便には机や棚の角に貼るタイプのコーナーガードやキッチンへの通せんぼのベビーゲート、お風呂マットを入れていたので、それらを設置。

 

ジョイントマットを大量に買ったけど全て船便。

これ早く来てほしい。。。

 

息子がワンパク盛りなため、いつ机の角に頭をぶつけるか、すっ転んで床に頭を打たないか心配で仕方がないです。

 

というか、到着した夜、興奮した息子はソファからゴロンと落ちて床に頭をぶつけました。。。

リビングの床が石なので、滑りやすい上に頭を強く打ったりしたらこわいです。

 

なので急遽昨日、空港近くのイオンモールに行き、シングルのマットレス(約1500円)、ジョイントマット9枚セット(約500円)、クッション4つ(約3000円)、を購入。

 

船便に敷布団1セットを入れたのですが、息子の寝相が凄まじく悪く、ベッドではいつ落ちるかハラハラして私が熟睡できないため、マットレスを購入し、息子には床で寝てもらうことにしました。

 

ジョイントマットも船便が来るまでの間に合わせでとりあえず1セット購入。ソファ周りの石むき出し部分に敷きます。

 

クッションは、ソファと窓の間や、ベッドと机の隙間、マットレスを敷いてその周りにある机や椅子に頭をぶつけないように置くために購入。

 

どれも船便の到着まで1ヶ月ほどのためのものですが、今日1日過ごして思ったこと。買って良かったです。

ホーチミン生活開始

こんにちは。

 

ご報告です。

 

一昨晩、私と息子とワンコで無事にホーチミン入りしました。

 

今回は90Lのスーツケース1つとダンボール3つを預け手荷物、大量の息子のご機嫌取りグッズとノートパソコン、ポータブルDVDプレイヤー、重要書類等を機内持ち込み。

ワンコ、そして2歳前の息子を連れて大人は私1人での行程。

 

 

成田までは親が車で送ってくれたため、特にトラブルなく済みましたが、問題はホーチミンに着いて飛行機を降りた後。 

荷物のピックアップと動物検疫、通関検査が待ち受けています。

そもそもターンテーブルから主人の待つ出口までこの大量の荷物を1人で運べるのかが心配でした。

 

が、結果的には全然問題なしでした。

 

というのも、空港職員の方?JALの方?どんな立ち位置の方はわかりませんが、日本人の男性スタッフが荷物のピックアップから動物検疫(なんと、やらなかった…)、通関検査、そして出口で主人と合流するまで全てフォローしてくださったのです!!

 

このサービス、ワンコを連れて行くと自動的にしてもらえるものなのか、それとも小さい子供を連れているとしてもらえるものなのか、何なのかわからないので他の方の参考にはならないかもしれませんが、とにかく助かりました。